小規模発電が常識になる?一般住宅向け太陽光発電の仕組みを学ぼう!

太陽光発電を導入するメリット

日光を電気エネルギーに変換する太陽光発電は近年になって急速に普及しています。発電設備が小規模で済むので維持コストを低く抑えることができるのが利点です。従来の発電システムは火力や原子力などの大型設備から送電線を通してそれぞれの地域に電気を供給していますが、設備が大掛かりになってしまい、維持コストが嵩む欠点がありました。また、発電や送電に不具合が生じると大規模な停電が発生するのも大型設備が抱える問題のひとつです。太陽光発電は小型化が可能なので、住宅の庭や屋根に設置できるメリットがあります。大掛かりな送電設備も不要なので山間部や離島での発電にも最適です。

自然エネルギーに依存する発電は安定性が低いのが欠点

太陽光発電は日光が当たることで発電する仕組みなので、石油を燃やしたり放射性物質を扱うことによる環境破壊が無いのが魅力です。その一方で日照時間が発電量に影響するので安定性に欠けるという欠点もあります。太陽光発電はソーラーパネルに日光が当たることで電気が作られる仕組みですが、パネルに汚れや雪が付着すると発電量が著しく低下するので注意が必要です。また、パネル本体も経年劣化によって性能が落ちることから、発電効率を保つには定期的に設備の交換を行う必要があります。現在の技術では太陽光発電だけで一般住宅の電力消費量をすべて賄うのは難しいので、既存の発電システムと併用するのが一般的な使い方です。ソーラーパネルを含む発電設備の性能を向上させ、安定した発電ができるようにすることが課題となっています。

太陽光発電の価格は、設置するのに最低100万円程かかります。設置する電力の容量は、一般家庭で3キロワットから5キロワットです。