引越が決まったら!どんなふうにどこから片づけたらいいの?

片付けは効率的に進めよう

引越業者が決まったら、次のステップは片づけに取り掛かりましょう。引越の片づけは思っているよりも時間がかかります。まだまだ大丈夫と後回しにしていると、引越日に間に合わず荷物が運べないという事態になりかねません。では、引越の片づけをどのように進めていけばスムーズに引越ができるのでしょうか。

引越がスムーズにいく荷造りのコツとは?

一日にどれくらい荷造りができるのかを考え、日程を計画しましよう。部屋がいくつかあるのでしたら、部屋ごとに区切って片づけていきます。段ボールは大きいものや小さいものを用意して、本のような重い荷物だけを詰めたりしないようにしましよう。重い荷物、軽い荷物をバランスよく詰めた方が、重すぎて持ち上げることができないということがありません。部屋ごとに日常あまり使わないものから順に片づけて、段ボールに詰めていきます。もちろん、段ボールには部屋の場所と入っているものをマジックで書いておきましょう。また、引越は不要なものを捨てる絶好のチャンスなのです。押し入れやクローゼットに使うことがないのにずっとしまっているものはありませんか。引越を機会に不要なものを片づければ、重い荷物もスッキリして新しい引越先に向かうことができます。

引越の良し悪しは片付けできまります

このように、引越しの片付けを段取りよく行い、片付けを機会に不要なものを捨てることで、引越をスムーズに行うことができます。当日は日常使っているものを梱包し、荷造り完了です。また、部屋ごとに何が入っているのか分かるように梱包していれば、開梱作業でも必要なものを優先的に片づけることができます。引越の片づけは大変な作業ですが、少しずつ計画的に進めることで慌てずに引越しの日を迎えられます。

不用品の回収は法律により定められた方法で廃棄しなければなりません。回収業者に回すには必ず家電リサイクル法を遵守しましょう。