どんなルールがあるの?倉庫業を始めるときに知っておきたいこと

営業倉庫のルールを定めたのが倉庫業法

倉庫は大きく分けて自家用倉庫と営業倉庫の2つがあります。自家用倉庫は自らの貨物を保管するもの、営業倉庫は他人の貨物を保管するものです。倉庫業法は営業倉庫についてのルールを定めた法律で、倉庫利用者の利益を保護する目的があります。

登録を受けないと事業を始められない

倉庫業は登録制の事業です。営業を始めるには、倉庫業法に基づき国土交通大臣の登録を受けなければなりません。登録を受けるには倉庫業法で定められた様々な基準を満たす必要があります。例としては管理主任者が選任されているか、倉庫業を営むための倉庫として建築確認を受けているかといったものです。賃貸借契約で場所を貸すだけなら倉庫業には該当しません。貨物に対する保管責任を負うサービスを提供する場合は、倉庫業法に抵触するので注意が必要です。

営業倉庫には倉庫寄託約款が定められている

営業倉庫は床の強度など、一般の建築物より基準が厳しくなっています。火災や水濡れといった事故が発生しないよう、万全な対策が講じられているのも特徴です。営業倉庫には倉庫寄託約款が定めてあり、万が一トラブルがあったときにはこの約款に基づいて処理を行います。貨物の火災保険の付保責任が倉庫業者にあるのも特徴です。営業倉庫は一般の建築物と比べて火災発生率が低いため、特約として保険料も安くなっています。

委託業者が登録を受けているかチェックする

倉庫の委託業者を利用する場合は、その倉庫が登録をされているか確認しておくことも大切です。登録内容は事務所などに掲示されていることが多いので、倉庫を見学するときにしっかりチェックしておきましょう。

業務全体を一括して受託する形態のことです。3PLは物流業務の戦略的な効率化を図り、徹底した管理体制で安定した物流を実現させます。利用者のニーズに合わせた企画開発は業務改善の一貫となり生産性が向上します。