充実した設備が魅力的?現代の倉庫事情を学ぼう!

倉庫の使用目的と構造の特徴

倉庫は物品を保管するための場所を指し、広い意味では野ざらしで置く場所も倉庫に当てはまります。しかし、物品の品質を保つには環境を安定させるための設備が不可欠です。そのため、現代の倉庫は気温や湿度を調節するための設備が用意されている物件が多数を占めている他、特定の物品の専用となっている倉庫も存在します。倉庫は用途の性質上、頻繁に人が出入りする所ではありません。その一方で大量の物品を出し入れする施設でもあるので、出入り口は車両が通れるほどに広くなっている物件も多く建てられています。倉庫は港や幹線道路沿い、市場近くなど貨物船や大型車両が行き来する場所に建てられる傾向がありますが、これは物流事業に倉庫が活用されているためです。

個人向けの小規模な倉庫が増えている

倉庫は大型の建造物というイメージがありますが、近年では個人向けの小規模な貸し倉庫が増加しています。コンテナやプレハブを使用した小さい倉庫がトランクルームの名称で広く普及していますが、これは物置が無い住宅の増加が理由です。マンションなどの集合住宅や敷地が狭い狭小住宅は物置を作るスペースが無いため、必然的に倉庫の需要が増加することになります。高級なトランクルームは倉庫内の温度や湿度の調整が可能な他、セキュリティ設備も充実しているので盗難や焼失などの心配がほとんどありません。自宅に置くよりも安全で品質を損なわずに済むという利点があることから、自宅に物置がある世帯が利用するケースも増加しています。

物流とは物を消費者へ届けるための過程のことであり、物を扱う一般企業がその役割を担うケースが多いといえます。