どこまで信じていいの?採用の際の適性検査と扱い方について

参考にしながら検査以外でも確認を

適性検査は、客観的に評価を下すという意味では非常に有用な試験です。しかし、適性検査の項目だけで全てのパーソナリティを明らかにすることはできませんし、面接で直接話して初めてわかることもたくさんあります。例えば、適性検査ではコミュニケーション能力を把握するのは難しいでしょう。対面で話してようやくわかることですし、面接でないとわからないことです。あくまでも適性検査は参考であり、総合的な判断は面接官や採用担当者に委ねられるのです。

適性検査の選び方そのものを間違えない

いくら適性検査をしても、その適性検査の目的が明後日の方向を向いていては意味がありません。企業が求める人物像が全ての企業で一致しているとは限りませんし、どんな質問項目があってどんな測定結果が出るのかを軸に選んでいく必要があります。また、適性検査を行う段階でも実施するべきテストは異なります。採用試験の初めに行うのであれば、大まかな適性を把握する目的で使用しても問題ありませんが、採用一歩手前で実施する場合はより深く適性を掘り下げていく必要があります。つまり、何を評価してほしいのかを事前に明らかにしておかないと、最終的に誤った採用に繋がりかねないのです。

自社とマッチする人物像を考えておく

自社に適した人材はどんな人物なのかを考えておくことで、適性検査の結果を無駄にしないよう注意しましょう。スキルを重視するのか、それともコミュニケーション能力を重視するのか、それだけでもかなり異なります。また、過去の社員の傾向から考えてみると、判断しやすくなるはずです。

適性検査は様々な場面で使われることがあります。例えば運転免許取得に適しているか職業選択でどのような職業に向いているのかなど、検査を元に表れる結果を参考にします。