全社員の管理を一括で行う!!不正も絶対許さない!!

各拠点の管理を一括でしたいとき

従業員の勤務時間を管理するシステムとしてタイムレコーダーがあります。最もシンプルなのは機械と紙のカードがセットになっていて、カードに打刻をしてその情報を人が見て管理します。拠点が少なく従業員の数が少なければそれでも問題ありませんが、拠点が多くてそれを本社で一括管理しようとすると面倒ですし不正打刻も出やすくなります。そこで導入したいのがクラウドシステムで管理をする仕組みです。従業員が持っているICカードを登録しておき、それをタイムレコーダーにかざすとその時間が記録されます。記録された情報はクラウド上に登録され、本社からクラウドにアクセスすればすべての情報が見られます。

不正打刻を無くしたいとき

従業員を信用してタイムレコーダーを導入するなら、紙のカードに打刻させる単純な仕組みでもいいでしょう。大半の従業員は誠実に対応してくれますが、一部の従業員は誰かに打刻を依頼したり通常の退勤時間と異なる時間に打刻をしたりもします。打刻の不正を完全になくせるタイムレコーダーがあれば、公平な勤怠管理が行えるようになるでしょう。タイムレコーダーには人の顔を認識したり指紋や静脈を認識して管理できるものがあり、こちらであれば代理で打刻するのは難しくなるでしょう。その他仕事で使うパソコンと連動させる仕組みがあり、パソコンの起動時刻を記録して勤怠管理を行います。残業をしていないふりをしていてもパソコンを使っている限りはばれれるので、不正を減らせるでしょう。

タイムレコーダーは社員の勤怠管理だけでなく、社内連絡など様々な情報伝達機能を持っています。また時間の記録や管理も、自社サーバーで行うオンプレミス型や、遠隔地や社外で管理するクラウド型などがあります。