ご存じですか? ビジネスの現場で行われる研修の種類

新入社員のための研修

企業においては、人材育成の目的でいろいろな研修が用意されているのが一般的です。特に重視されているのは、学校を卒業して入社する社員に向けた研修です。名刺の受け渡しや電話のやり取りなど、会社員として活動するための基礎知識を学びます。企業の規模が小さい場合、基礎的な研修を行うための設備や人員に余裕がないこともあるため、研修を専門に行う外部企業に委託する事例がめずらしくありません。基礎的な研修を終えると、実務の研修として短期間で複数の職種を体験させる時間が設けられる場合があります。これには新入社員の適性を調べる目的があったり、いろいろな職種のスタッフが協力してビジネスが成立していることを学ばせたりするねらいがあります。

キャリア別の研修もある

新入社員のための研修がある一方で、ある程度経験を積んだ社員のための研修もあります。そのひとつが、初めてチームを率いる立場になった社員に向けた研修です。キャリア形成のプランは企業によって異なりますが、入社から数年が経過すると部下を指導する立場になることはめずらしくありません。それまでは上司の指示に従って仕事を実行するだけだったかもしれませんが、部下の指導や監督という役割が加わるため、やや複雑な仕事をすることになります。そのタイミングで研修を用意して部下とのコミュニケーション方法などを学べば、チーム全体でスムーズに動けるのではないでしょうか。海外に拠点を置く企業の場合、国内から異動する前に現地の習慣を学ぶ研修が開催されることもあります。

人材育成のセミナーは、新入社員にやる気を出させたり、中途社員のキャリアを大切にしたりするうえで欠かせないものとなっています。