社員教育を成功させるためにはどんな点に注意すべきか?

一人一人の社員のキャリアや役職に合った研修を行おう

社員教育を成功させるためには、経営陣や人事担当者が中心となって、将来的に業務に役立つテーマを取り入れたり、社員のやる気をアップさせる研修のスタイルを検討したりすることが重要となります。また、研修の後に自信をもって仕事に取り組めるようにするため、一人一人の社員のキャリアや役職などを考慮して研修の計画を立てることがポイントです。最近では、大手企業を中心として、社員教育の効果を高める目的で、特定の分野の著名人を講師として迎え入れているところも少なくありません。また、研修の効果の程度を把握するうえで、継続して研修を終えた社員と面談をしたり、自己評価シートの提出を求めたりすることも有効です。

社員教育にかかるコストを早めに計算しよう

長期にわたり効率的に社員教育を行うにあたっては、多額のコストが発生する傾向があります。そこで、人件費や教育費などを最小限に抑えたい場合には、早い段階から将来的にかかるコストの相場について把握をすることが大切です。一般的に、大規模の会場で大人数の社員を対象に行う集合研修は、コストが大きくなりやすいだけでなく、日程の調整が困難になりやすいという問題もあります。一方で、オンライン教育を中心とした研修は、専門的な技術を教え込むのは難しいものの、それぞれの社員が都合が良いタイミングで研修を受けられるといった特徴があります。なお、理想的な形で社員教育を行うために、少しでも予算に余裕があれば、人事や教育などいろいろな立場の専門家にアドバイスをもらうのも良いでしょう。

近年は社員教育にeラーニングというシステムを導入する企業が増えています。eラーニングはインターネットを使用する研修であるために費用が抑えやすく、社員の時間の都合にも合わせやすいことが特徴です。