社員研修の計画を立てる際は集合研修と職場内での個別研修を上手く取り入れよう

グループワークの実施には集合研修が欠かせない

社員研修は、多くの企業内で仕事に直接役立つ知識や技術を習得したり、周りの社員とコミュニケーションを図ったりするうえで絶好のチャンスとして位置づけられています。特に、社員が主体的に物事に取り組めるように教育するには、定期的にグループワークを取り入れた集合研修を実施することがおすすめです。グループワークの種類には様々なものがありますが、プレゼンテーションやロールプレイングなどの中から、日々の業務内容や個々の社員の経歴、役職などに合うものを選択することが肝心です。また、集合研修の実施には準備のために長い期間が掛かったり、研修の担当者の日程の調整をしたりする必要があるため、余裕をもって計画を立てることが大切です。

職場内で個別に行う研修はコストカットを図りやすい

職場内で直属の上司や先輩社員が担当する個別研修は、集合研修と比べてコストカットを図りやすく、業務の合間に教育を行えるといったメリットがあります。一方で、上司や先輩社員の教え方によっては、若手社員がなかなか仕事を覚えられなかったり、日々の業務に対するモチベーションが下がったりするケースもあるため注意が必要です。そうしたトラブルを防ぐには、それぞれの部署での個別研修を強化するうえで、教育を担当する上司や先輩社員を対象にセミナーを受講させたり、研修マニュアルを作成させたりするのも良いでしょう。また、教育担当者も研修の後に自己評価を行ったり、人事部と日ごろから連絡を取り合ったりすることも重要です。

社員研修は仕事内容を覚えてもらう目的だけではなく、社員に社会人として身に付けてもらいたい心構えも学んでもらう場です。